コラム

おすすめは?BtoBの会員制ネットショップ比較

ほとんどのネットショップは、売り手と買い手の立場から、以下3つのいずれかに分類されます。

  • BtoB(B2B:Business to Business)メーカーと卸売業者、卸売業者と小売業者のような企業間取引
  • BtoC(B2C:Business to Consumer)企業・店舗が個人に商品を売る、一般的な商取引
  • CtoC(C2C:Consumer to Consumer)オークションやフリーマーケットのような個人間取引

「商品やサービスを売る」という目的は同じですが、売上アップをはかるための商品の見せ方やサイトの構成、運営するうえで必要とされる機能は大きく異なります。

会員制機能の必要性

例えばBtoCは一般的に、すべてのお客様に同じ価格で商品を提供します。会員機能による閲覧制限をかけることで、セミクローズサイトを用意し、お得意様にシークレットセールを行ったり、付与ポイントを増量するなど付加価値を用意することはありますが、基本的には誰でも購入可能なフルオープンサイトが必要となります。

対してほとんどのBtoBネットショップは、

  • 取引には事前審査が必要
  • 取引先により取引条件が異なる
  • 取引先により商品構成や購入可能な商品が異なる
  • 購入ロットにより価格が変わる
  • 一般の方に卸値を公開したくない

などといった理由から、完全会員制によるクローズドサイトや、購買に関わる部分を制限したセミクローズサイトの構築が不可欠となります。

ASPでも実現できる会員限定ショップ

ここ数年、BtoBのネットショップ進出は成長著しく、ウェブモへの相談も急増しました。

会員制ネットショップは「フルスクラッチが必要、莫大な開発費用がかかる」というイメージが強すぎるようですが、規模やご要望の内容によっては、カラーミーショップやMakeShopといったASP、EC-CUBE B2BなどBtoBに特化したパッケージによる運用も可能です。

カラーミーショップを選択するポイント

「会員機能」を利用し、低コストで開業できる点がメリットです。
商品点数の制限もなく、掲示板による互助機能もあります。

MakeShop(メイクショップ)を選択するポイント

割引率(掛率)や優待度などで、会員をグループ化できる機能が使いやすく優れています。
「BtoBオプション」という特別機能を契約すれば、より細かい要望にも対応が可能となります。

Baseを選択するポイント

「シークレットEC Apps」を利用し、簡単に会員制限をかけることが可能です。
必要な機能だけを選択するため、分かりやすいのが特徴です。

EC-CUBE B2Bを選択するポイント

BtoB-ECサイト構築に必要な機能が標準搭載されています。
カスタマイズ可能なので、基幹システムや社内システムとの連携も自在に可能となる点が非常に優れています。

必要な機能の見極めが、BtoB EC成功のカギ

ほかにもFutureShop2やショップサーブなどオプションでBtoB対応可能なASP、ebisumart(えびすマート)やBカートといったBtoB特化型ASPはたくさんあります。DeNA BtoB market(旧ネッシー)のような専用モールもあります。

これからBtoBでEC参入しようと検討されている方は「どのような運営を行い、どんな機能が必要不可欠なのか。」一度整理してみてください。現在使用している基幹システムとの連携も考慮する必要がありますので、現場担当者などへのヒアリングも必要です。

そして、ASPによる運用はできないか、EC-CUBEのカスタマイズで対応できないか、など順を追って検討していきましょう。

ECサイト構築についてわからないとお悩みの方へ

お聞きした情報をもとに、御社のお困りごとを解決する最善策をご提案いたします。ご相談は無料です。
WEBサイト制作やリニューアル、制作後のサポートなど、気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから

関連記事