コラム

【2020/03】無料で使えるおすすめWEB会議

公開:2020-03-09最終更新:2020-03-09いろいろ

新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大により、在宅勤務・テレワーク・リモートワークを導入する企業が増えています。それにより需要を高めているのが、WEB会議システムです。

WEB会議とは

インターネットを通じ、遠隔地にいる相手と映像や音声によってコミュニケーションをとるためのツールです。会議室に集まらなくても、社内のみならず顧客や海外の方と、1対1もしくは複数人による会議を行うことができます。

ファイルの共有やホワイトボード機能、録画機能を備えたサービスもあります。録画データは、欠席者対応や議事録として利用できるので、非常に便利です。リモートアクセス、ビジネスチャット、スケジュール・プロジェクト管理・タスク管理など、さまざまな機能と連携しているサービスもあります。

WEB会議を導入するメリット

用意する機材はスマホだけ

専用の機器が必要となるテレビ会議(ビデオ会議)とは異なり、参加者がそれぞれ「スマートフォン、タブレット、マイク・スピーカー・カメラを搭載したPC」のいずれかを使い、インターネットに接続できる環境」さえあれば、気軽に導入することができます。

無料で導入できる

無料で利用できるWEB会議システムがあります。ただし本格的に導入する場合は、機能が豊富でサポート体制の整った有料サービスの利用がおすすめです。

コスト削減

通常の会議と比較すると、移動にかかる交通費・宿泊費・時間を削減できる場合があります。高価な専用機器にかかる初期費用やランニングコストも必要ありません。

WEB会議のデメリット

テレビ会議に比べ、WEB会議はインターネットの通信状況によって接続が不安定になったり、画質や音質が劣ったりすることがあります。

特に無料サービスの場合は不安定になりやすく、サポートが無い、もしくはサポートにつながらないケースもあるので注意が必要です。

WEB会議の選び方

WEB会議は「参加者が簡単に利用できる」ことが重要です。多機能ではなく、必要な機能があることを重視しましょう。会議に参加する人のコンピュータやインターネットに関する知識や操作する能力、危機管理に関する意識を考慮し、使いやすさや画質・音質、サポート体制やセキュリティなどの確認も忘れないようにしましょう。

おすすめWEB会議3選~無料版~

WEB会議システムのサービス内容は、システムやプランごとに特徴が大きく異なります。条件だけで比較するのは難しいため、WEBMOが実際に使ってみて、使いやすいと思った無料サービスを選んでみました。

  Zoom Whereby BizMee
アプリ
必要

不要

不要
アカウント
ホストのみ

ホストのみ

不要
参加人数
100人

4人

4人
時間制限
3人以上は
40分

なし

なし

Zoom(ズーム)

最大100人! 無料でも多機能 ウェビナーにも人気!
録画も録音も可能、画面共有もリモート操作もできる

ホストはアカウントを作成し、アプリをインストールして、会議を開始します。会議は事前にスケジューリングしておくこともできます。ゲストはアカウント登録が不要ですが、やはりアプリのインストールが必要となります。最大の特徴は100人まで参加できること。(3人以上参加する場合は、会議として利用できる時間が40分に制限されます。)そのため会議だけでなく、ウェビナー(Webinar:オンラインセミナー)のように、1人対複数人のセミナーや説明会、会議などにも利用できます。参加者を最大50のセッションに分割して、それぞれに会議を行う「ブレイクアウトルーム」という機能もあります。

とにかく機能が豊富で、ホワイトボード、画面共有、ファイル共有、パスワードによる入室制限はもちろん、参加者の中から相手を指定してチャットしたり、キーボードやマウスをコントロールしたりすることもできます。録画・録音機能があるため、欠席者へのフォローや議事録の作成も簡単です。Google DriveやDropboxといったクラウドストレージサービス、GoogleカレンダーやOutlookと連携することもできます。

有料版も用意されていますが、サポートが不要であれば、無料版でも十分利用できるでしょう。
https://zoom.us/

Whereby(ウェアバイ 旧:appear.in)

最大3~4人 アプリが不要 機能はシンプルだけど画面がキレイ!
通信が比較的安定していて、画面共有や他のアプリとの連携が使いやすい

ホストはアカウントを作成後、URLとなる会議室名を設定します。(同じURLを使い続けることができます。)ゲストはアカウント登録が不要で、ブラウザから、教えられたURLにアクセスするだけ会議に出席できます。参加するとき承認を求めるタイプの入室制限や画面共有も可能です。通信が比較的安定しているので、安心して利用できます。
利用できるブラウザ:Google Chrome、FireFox、Safari、Opera、Vivaldi

日本語で利用できますが、画面上の説明やサポートは英語しかありません。無料の場合、機能が非常に限られますが、2タイプの有料版も用意されています。
https://whereby.com/

BizMee(ビズミー)

最大3~4人 登録もアプリも不要 シンプルな操作性
ホワイトボードが使えて、会議中にみんなで議事録を作成・共有できる

ホストもゲストもアカウント登録が必要ありません。サイト上で、URLとなる会議室名を設定するだけで会議室を設置できます。アプリのインストールも不要です。ゲストはブラウザから、教えられたURLにアクセスするだけ会議に出席できます。ホワイトボードや議事録作成画面の共有、パスワードによる入室制限も可能です。
利用できるブラウザ:Google Chrome、FireFox、Safari、Opera

人数制限はありませんが、人数が多くなると接続しにくくなります(3~4人を想定)。また会議の度にURLを設定し、参加者に通知しなければなりません。
https://bizmee.net/

番外編:こんなときは

  • Lite FreshVoice(ライト フレッシュボイス)
    銀行・大学・省庁など、高いセキュリティ対策が必要となる環境では、有料版の「FreshVoice」がよく導入されています。将来的にFreshVoiceを導入したい場合におすすめです。
    https://www.freshvoice.net/lite/
  • Chatwork(チャットワーク)
    すでに開始しているビジネスやプロジェクト上でChatworkを利用している場合におすすめです。
    https://www.skype.com/ja/free-conference-call/
  • Skype(スカイプ)
    参加する人が、日常的にSkypeを使って連絡をとりあっている場合におすすめです。
    https://www.skype.com/ja/free-conference-call/
ECサイトやWEBサイトの運営についてわからないとお悩みの方へ

お聞きした情報をもとに、御社のお困りごとを解決する最善策をご提案いたします。ご相談は無料です。
ECサイトやWEBサイトの運営など、気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから

関連記事